2022年版の表紙


2022年版の表紙はこちら。

今年は7種類の中からお選びください。


鹿の角切り縁起絵巻 ヨシノマホ

『多武峰縁起絵巻』の有名な一場面に、奈良の伝統行事である「鹿の角切り」の要素を取り入れて、コミカルなイメージに仕上げてみました!

絵の中に隠された「ナ・ラ」の文字を見つけると、何かいいことが起きるとか起きないとか!?


しかのおみやげ 上村恭子

こどものころ欲しがったけどなかなか買ってもらえなかったビニールのコマつきの鹿ちゃん。

今日もお土産物屋の店頭でぶーらぶら。

その様子もまたかわいい。


みわそうめん 上村恭子

おいしいおいしいお素麺。

ご贈答用の三輪素麺の蓋を開けてしばらく見つめてみたら、そうめんってすごく綺麗だな〜と思ったもので。表紙にしてみました。

 


やまみち 上村恭子

奈良県南部の山道を歩いていると、まっすぐシャンと背を伸ばして立ち並ぶ杉や檜から、歩くごとにコロコロキラキラと木漏れ日が流れてゆきます。そんなやまみちを歩くのがすきです。

 


大峰山脈ミハルカス 上村恭子

旅もくらしもに寄稿いただいた松田度先生の下北山村の話の中に、不動峠近くからの展望のすばらしさを某商業施設の名になぞらえて命名したという逸話があるのですが

http://nara-tabikura.jp/1771/

これがその景色と山々です。

その名前はさすがにそのまま使えないので(笑)大峯連山を見晴るかす。ということで。

 


翳(さしば)上村恭子

天平時代の女性を描くときに必ずと言っていいほど添えるのがこのさしば(翳)

このさしば自体もすごく魅力的で、手指の表情と合わせて楽しんで描い


比礼2022 生駒あさみ

古代の女性たちが肩にかけていた比礼です。

比礼を振るとことの意味を知ったのは知ったのはフルコトをはじめてからでした。

害を振り落とすために振り、別れの時にも振る比礼。

風に舞う美しさを表現しました。

表紙のみのイメージです。クリックすると大きくなります