2023年版の表紙


2023年版の表紙はこちら。

今年は7種類の中からお選びください。


千鹿格子 上村恭子

千鳥格子ならぬ鹿が連なる「千鹿」です。

まるで夏の奈良国立博物館前のような、一面鹿なイメージをシックな使いやすいパターンにしてみました。


昭和の奈良旅手帖リバイバル(風) 上村恭子

昭和48年発行の奈良旅手帖の表紙の復刻版。

この頃は「よりよい奈良の旅のおともに」

というキャッチコピーがありました。…というのは嘘で

そんなイメージでデザインしてみました。


#moppoi 上村恭子

奈良時代の女性のスカートのような衣服を「裳(も)」と呼びました。縦ストライプのものが多かったようで、色合わせ、色の重ねで古代の人もお洒落を楽しんだのでしょうか。今の時代でも通じる「裳っぽい」可愛さです。

 

※#moppoiは「平城のとよほき」というイベントで裳っぽい縦ストライプのスカートを履こう!という企画の名称です。気軽に古代気分を楽しもう!という想いがこめられています。


いまひとたびの奈良絵 上村恭子

奈良絵、何度かやってるような気もしますが、でもでも!だって!何度見ても可愛いんですもの〜〜!

というわけでいまひとたびの奈良絵、です。ちょっと南部風味も入れています。

 


そらもよう2023 上村恭子

旅天平文様にもある雲の絵形が好きで、あちこちで頻繁に使っています。奈良旅手帖でも雲の意匠を使った「そらもよう」というシリーズがあって、今年は今年2022に復元完成した大極門と共に描きました。

 


棚田の夜 森川蒼

明日香村を訪れた際、地元の方が夜道を運転していると、真っ暗な中、白い彼岸花だけが光っているというお話を伺いました。

 

稲渕の棚田の夜空を銀箔と岩絵具で表現し、その上にキトラ古墳壁画の一つである天文図を配しました。

 


奈良の朝2023 生駒あさみ

奈良の朝は素晴らしいですよね。朝の空の色と鹿がのどかにいる風景は奈良ならではだなー

といつも思ってます。

表紙のみのイメージです。クリックすると大きくなります